眠りのレシピ

眠りのレシピ

美肌ホルモンを最大限に得る方法とは?

美肌・ツヤ髪・代謝アップなどに効く「成長ホルモン」がよく分泌される時間帯――夜の22時から深夜2時までのことを俗に「シンデレラタイム」と言います。しかし、これについて最近では時間帯よりも、寝入りばなの3時間に深く上質な睡…

旅行先でもぐっすり眠れる3つのコツ

「旅行でリフレッシュしよう!」と思っても、いつもと違う環境になれず、家にいるとき以上に睡眠が浅くなり疲労が溜まる――なんてことはありませんか?旅を楽しむためには、十分な睡眠をとり万全な体調で臨みたいところ。アスリートとも…

裏には病気の可能性も?今からできる「いびき」対策

睡眠中の大問題である「いびき」の原因は、肥満やストレス・疲労・飲酒・体の不調など、明確な原因を特定できないのが現状です。家族やパートナーから「いびきがうるさくて眠れない」と言われたことがある人も少なくないかもしれません。…

理想の寝室は一流ホテルの雰囲気

家と違って、一流ホテルで宿泊するとよく眠れたという人がいます。それは寝具だけではなく、「睡眠に適した環境づくり」がカギ。 質の良い眠りを得るための寝室条件のなかでも大切なのは、温度と湿度です。室温は冬15℃で夏25℃、湿…

眠る前のイメージトレーニングで“なりたい自分”に近づく

「最近ぐっすり眠れない」「嫌な夢を見ることが多い」そんな人は、眠る前に「ハッピーイメージトレーニング」を取り入れてみてください。 寝室に入ったらつい悪いことを考えたり、翌日の不安がよぎったりするもの。しかし、気分を落ち込…

心を落ち着かせる「丹田呼吸法」&「大の字呼吸法」

前回のコラム「眠れないときは呼吸法による『体内マッサージ』を」で紹介した、「丹田(たんでん)呼吸法」&「大の字呼吸法」。日常ですぐに取り入れられるので、「ぐっすり眠れない」「眠たいのに寝れない」という方は必見です。 ■丹…

眠れないときは呼吸法による「体内マッサージ」を

「眠いのに寝れない」「眠りが浅い」と感じている人は、呼吸法を見直してみると快眠につながるかもしれません。特にパソコンやスマホの画面をずっと見続けている人は、気づかないうちに呼吸が浅くなりがち。呼吸が浅くなると、酸素が脳ま…

寝始めの3時間を大切にすることが快眠のカギ

「ぐっすり寝れない」「いくら寝ても眠い」…こんな眠りの悩みを抱えている方は、睡眠時間だけでなく、“睡眠の質”にもこだわってみましょう!特に寝入りばなの3時間で、いかに深い眠りにつけるかが、快眠には重要なポイントです。&n…

寝るときは“ユルユル”がいい?

足が冷えないように、靴下を履いて寝ているという人も多いですよね。でも快眠を得たいなら、就寝時に靴下を履くことは、あまりオススメできません。なぜなら、足を締めつけられることで、眠りが浅くなってしまうから。ただし、足が冷えて…

月経前や更年期は眠りにも影響が

多くの女性が悩まされているのが、月経前と更年期。これらは眠りに深くかかわっています。今回は、それぞれクローズアップして、その原因と対策をご紹介します。  <月経前>月経前になると必ず、「夜、寝つきが悪…

高級な寝具でも、一生ものではありません

奮発して高級な敷布団やマットレス、羽毛布団を購入し、10年以上、同じ寝具を使っている人はいませんか?人の体型や体重は、年齢とともに変化するもの。10年前とほとんど体型が変わらないという人は少ないですよね。もちろん、しっか…

睡眠不足はあの病気の引き金に!?

睡眠不足になると、イライラしたり注意力散漫になったりしますよね。じつは、そのほかに、自律神経のバランスが乱れることによって内臓機能が低下します。それが原因で血管が収縮し、血液循環やホルモンバランスが崩れる自体に――。結果…