眠りのレシピ

昼寝前のドリンクには「コーヒー」がオススメ!

コーヒーというと「飲むと眠れなくなるのでは…」と思いがちですが、実は、昼寝には心強い味方になるんです。

コーヒーに含まれるカフェインには、脳を覚醒させる効果があると言われています。しかし、コーヒーを飲んだからといって、すぐに眠れなくなることはありません。カフェインが睡眠中枢に働きかけるのは、摂取してから20〜30分後。なので、昼寝の直前にコーヒーを飲むとちょうどいいタイミングで脳を覚醒させてくれ、スッキリ目覚めることができるんです。「昼寝をしたいけれど、眠るとなかなか起きられない…」という方でも、安心ですね。

コーヒー以外にも、紅茶や玉露などのお茶類、栄養ドリンクにもカフェインが含まれているものがあります。コーヒーを飲む習慣がない方、苦手な方は、ほかのドリンクでも代用できるので、自分に合った飲み物を選んでください。

昼間の長い睡眠は、夜にぐっすり眠れなくなってしまうのでNG。昼寝は、寝付いてから15~20分程度がオススメです。昼寝をうまく取り入れることで、午後からの活動や仕事も集中して効率よく行うことができます。快適な生活を送るために、カフェインを味方につけましょう!